公式LINEアカウント登録で1000円クーポンプレゼント 公式LINEアカウント登録で1,000円クーポンプレゼント

yoshiokuboの2021秋冬を振り返る

yoshiokuboの2021秋冬を振り返る

せっかくデザイナーの声が届けやすくなったから、ご贔屓にしてくださる方に自分の言葉でコレクションを紹介してみたい。 そこで今回は、2021A/Wのうちいくつかのアイテムを振り返ってみようと思います。






MARBLE L/S TEE
例えば、全く異なる方向から合流する高速道路。転轍機(てんてつき)のスイッチングで重なる電車のレール。俯瞰することで初めて見える美しい流線形に和を見出して生まれたのがこのトップス。 太いステッチで描いたカーブラインは絶妙なバランスを保って端正な印象に。 「今まで見た事のないパターンやディティールを追求したい」というyoshiokuboを体現する一枚です。






TIE DYE SWEAT PANTS
ぱっと見派手な色合いのスエット風のパンツは、スラックスのパターンだから実はエレガント。ロープで縛って染めるタイダイのようなプリントは、ムラ感をバランス良く色々なところに散りばめているので意外に落ち着き、見た目ほど気にならない。パンツ脇には富士山など今季コレクションのシンボルを刺繍で入れている。






TWISTED TOP
yoshiokuboが得意とする異素材ミックスを、綿とナイロンの組み合わせで。前部をダイナミックに走る心地よいカーブは、捻ってから縫うことで生地を浮き上がらせ、手を滑り込ませることも可。 この細工が実現できたのは職人さんの高い技術のおかげ。デザインだけでなく工程にも、最近テーマに据えている和の要素を加えた一枚。






FLEECE PANTS
日本が世界に誇る富士山も今季コレクションのテーマのひとつ。そんな山をテーマに作りたいと思ってできたのがこのマウンテンパンツです。 軽く心地良いフリース素材はすっかり馴染みのある素材。そこに、膝の前部から背部に渡って大胆にパッチを配することで強いアクセントを加えて、「人と違うことをやりたい」というyoshiokuboらしさを表現しました。






PAISLEY SCARF SHIRTS
エンドレスペイズリーと名付けたオリジナルの柄は、一般的なペイズリー柄ではあまりないリピートするデザイン。最近のyoshiokuboのテーマである和のモチーフは、柄に目を凝らしていると浮き上がってくるはず。 肩口の前部・後部から襷(たすき)のように渡るスカーフは、脇下で結んでも、そのまま流しても着こなせる長さに仕上げています。






TWILL TUCK PANTS
一見、普通のパンツ。ですが、ちょうど良い肉厚の生地で「使い勝手がいい」と反響も多く、発表は今季で3度目になりました。 気楽に履けるドローストリングはもちろん、ポリエステル100%のソフトストレッチだから皺(しわ)ができず、ほどよい伸び具合で型崩れもしないのが特徴です。 ゆったりとしたテーパードはスタイルを問わない万能さ。足捌きの良いデザインはどこか袴(はかま)っぽいニュアンスも。

今回紹介したアイテムをモデルに着せて、15秒でポイントを伝える動画をyoshiokubo公式インスタグラムにUPしました。 よろしければそちらもぜひ。

ストーリーのハイライトはこちら

ご紹介したアイテムはこちら